読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リーグ戦終了、加熱する移籍報道】どうなる!?来季のガンバ大阪新戦力

前回の更新から約1カ月半・・・

shiba-gamba.hatenadiary.jp

初めての記事で約6000PVをいただいて嬉しい限り。

閲覧していただいた方々に感謝いたします。

 

明治安田生命J1リーグは全日程を終え、鹿島アントラーズがチャンピオンシップ決勝で浦和レッズを下し、リーグ戦3位から"勝ち点15差"を逆転しての下剋上を果たした。

その翌日から来季に向けての移籍報道もにわかに活気づきはじめ、ガンバ大阪も前回の記事(10/17)時点からさらなる移籍選手の名前が出始めた。

 

まずはじめに前回の記事における移籍報道のあった選手の去就を振り返る。

ファビオ(横浜・Fマリノス)

【G大阪】横浜M・ファビオ獲得へ…重傷パトリックの今後は保有元と話し合い : スポーツ報知

まずは前回の記事で有力候補としたマリノスのファビオ。

今季序盤に三冠獲得の立役者である丹羽大輝岩下敬輔のケガにより野戦病院と化してしまったガンバのCB陣。

丹羽の鎖骨はもう心配無いだろうが、岩下についてはシーズンを通しての計算は立てづらい。また、今季その穴を埋めて大活躍した金正也マリノスがリストアップしているとの報道があり、CBの補強が急務である。

そこで白羽の矢が立ったファビオであるが、1カ月前の記事以降は音沙汰が無く、本当に移籍交渉が進んでいるのか心配である。

ウェリントン(アビスパ福岡)

www.sponichi.co.jp

「来季補強の上位リストに入っていた福岡FWウェリントンはこの日までに消滅したことも判明。」

記事が大森晃太郎の神戸移籍の記事だが、この記事によるとウェリントンの移籍交渉はどうやら破断したようである。

獲得リスト筆頭としてリストアップされていただけに、ガンバとしては痛いニュースであることは間違いない。

大久保嘉人(川崎フロンターレ)

lineblog.me

www.sponichi.co.jp

前回の記事で「微妙」としていた川崎の大久保は予想通りガンバではなく、新天地としてFC東京を選んだようである。

小林悠(川崎フロンターレ)

lineblog.me

こちらも前回の記事で「微妙」としていた日本代表FW小林悠。結局フロンターレに残ることが決定したようだ。

 

結局、候補に挙がっていた4人のうち3人が破断に終わっている。

しかし、この1カ月半でさらなる補強の噂も出てきている。

昌子源(鹿島アントラーズ)

www.nikkansports.com

まず目玉としては日本代表DF昌子源。元々ガンバの下部組織出身で鹿島アントラーズで安定したプレーを見せ、日本代表にも選出されている。

もし加入となればGK東口雅昭と同じケースになるのだが、実現可能性は低いと見る。

単純にJリーグチャンピオンから4位のチームに移籍することは事実上のステップダウンである(実際シーズン通しての鹿島とガンバの勝ち点差は1しか変わらないが)。

この移籍が実現すれば若さも魅力的な点であるし、これ以上ない補強になるのだがどうなることやら・・・

家長昭博(大宮アルディージャ)

www.daily.co.jp

今年も家長復帰の記事が。記事では川崎、ガンバ、セレッソでの争奪戦となるようであるが、まあ来ないでしょう(笑)

井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)

headlines.yahoo.co.jp

ここにきて強化部山口智の本領発揮か。

J2千葉でプレーするMF井出遥也の移籍報道が出た。

この記事であまり言及するつもりはないがガンバの2列目を支えてきたMF大森晃太郎が神戸へ、阿部浩之が川崎へ移籍する可能性がどうやら高いらしく、その穴を埋めるための2列目候補となる模様。

今季34試合5得点という内容が即戦力になるかという疑問はあるが2列目のオプションとして楽しみな存在ではある。

矢島慎也(ファジアーノ岡山)

www.hochi.co.jp

そして、今朝入ってきたビッグニュースである。

リオ五輪代表として井手口、藤春らとともに戦った岡山の矢島を獲得するという記事である。

元々矢島自身は浦和レッズからレンタル移籍をしている選手で保有元はレッズであり、さらにそのレッズも来季に向けて復帰を要請しているようである。

昨日、昇格プレーオフセレッソに敗れ、来季もJ2での戦いが決まったファジアーノ。個人的に矢島は浦和復帰が基本線だと思っていたのだが、まさかのうちが獲得するという記事が出るとは・・・

あまり期待しないで見守りたいと思う。

ファン・ウィジョ(城南FC)

www.sponichi.co.jp

個人的に最も来てほしい選手の名前が今年も挙がった。

韓国Kリーグ城南FCのファン・ウィジョである。

昨年のACLでガンバ相手にスーパーミドルをお見舞いしてくれた選手で、万博のSB席で開いた口が塞がらなかったのを覚えている。

(0:15~)

www.youtube.com

さらに今年は城南FCの2部降格が決定しているようで狙い目であることは間違いない。しかし、韓国人選手ということで忘れてはいけないことがある。

「兵役」である。韓国には日本にはない兵役制度があり、プロサッカー選手といえども基本的に兵役からは逃れられない。

www.footballchannel.jp

詳しくはこの記事を参照していただきたいが、兵役を果たしながらサッカーを続ける場合は27歳と年齢制限がある軍隊チームに所属しなければならない。今季もかつてガンバが獲得オファーを出したサガン鳥栖キム・ミヌが兵役制度によりサガンを退団した。4年前、ガンバ大阪を退団したイ・グノも理由は兵役であったことは記憶に新しい。

現在24歳のファン・ウィジョは27歳には韓国に戻らなければならないので、加入となれば2、3年での放出が濃厚ということも頭に入れておかなければならない。

しかし、韓国では「オリンピックで3位以上、アジア競技大会で優勝」という実績を残せば兵役を免除されるというシステムもある。実際、ロンドンオリンピック3位決定戦で日本を破り銅メダルを獲得した当時のU23韓国代表に名を連ねていたDFオ・ジェソクはこの功績により兵役を免除されている選手の一人である(兵役の代わりに4週間の基礎軍事訓練へ行っている)。

www.instagram.com

184cmの身長も魅力的なだけにぜひともガンバに来てほしい選手であるが兵役のリスクがあることも忘れてはならない。

 

 

様々な選手を挙げてきたが、まだ天皇杯3連覇という最大の目標が残っている。

本格的な移籍情報は天皇杯が終わってからになるだろう。

「果報は寝て待て」

この言葉が表すように気長に待ちながら、来年のガンバの戦力がより充実することを願いたい。

【気が早い!?】ガンバ大阪、来季の補強・放出リスト

10/15(土)、ルヴァン杯決勝が埼玉スタジアム2○○2にて行われ、浦和レッズガンバ大阪PK戦の末破り、13年ぶりに優勝を果たした。
敗れたガンバ大阪はリーグ戦の優勝も非常に困難な状況になっており、残すタイトルは天皇杯3連覇のみとなった。
その翌日、ガンバ大阪の来季補強について興味深い記事が出た。
J2降格が決まったアビスパ福岡からウェリントン横浜Fマリノスからファビオ、川崎フロンターレから小林、大久保を来季戦力としてリストアップ、というものだ。
少し気が早いような気もするが、ウェリントンに関しては非常に現実味のある補強だと思っている。
そこで、現状での来季に向けての補強リスト、放出リストを私の主観たっぷりでお届けする。

補強リスト

◎確定
・MF 高宇洋(市立船橋高)
・DF ぺ・スンヨン(韓国・ボイン高)
・MF 高江麗央(東福岡高)
・FW 食野亮太郎(ガンバ大阪ユース)
◯有力
・FW ウェリントン(アビスパ福岡)
・DF ファビオ(横浜Fマリノス)
△微妙
大久保嘉人(川崎フロンターレ)
小林悠(川崎フロンターレ)

まず来季加入内定は高卒新人4選手。
過去2年連続で4名のトップ昇格があったユース組からは食野のみ。高校からは市立船橋の高、東福岡の高江と今季大津高から加入したFW一美、DF野田と同じく2名の加入となった。
有力として挙げたのはウェリントンとファビオ。今季活躍できなかったFWパトリックは退団が濃厚。その穴を埋めるためにウェリントンは補強ポイントに合っている。また、今季序盤、DF丹羽、岩下の怪我で野戦病院と化したCB補強のためにもファビオの獲得はぜひとも実現しておきたい。
一方、微妙としたのは大久保、小林の両選手。大久保に関しては今のガンバ大阪の布陣に合う要素があまり見つからない。また、小林はルヴァン杯で駒の少なさを露呈した2列目の選手としての補強であろうが、ガンバの2列目は攻守ともにフル稼働せねばならず、比較的ケガの多い小林がシーズンを通して活躍できる計算は立てにくい。さらに、2列目には期待の新星、MF堂安もおり、クラブとしてもそちらを使いたいところであろう。

放出リスト

◯有力
・FW パトリック
△微妙
・MF 藤本淳吾
・MF 小椋祥平
・MF 岡崎建哉
・MF 内田達也
・MF 嫁阪翔太
・DF 西野貴治
・FW 小川直毅

唯一の有力候補はFWパトリック。
今季は相棒・宇佐美貴史の移籍もありチーム全体としてパトリックを活かしきれず、絶不調の状態。さらに現在全治8カ月のけがを負っているため来季の開幕も絶望的であり、移籍先が見つかるかも不透明だ。ここ数年、ガンバ大阪のタイトル獲得にことごとく貢献してきた助っ人であるが、ここで青黒のユニフォームを脱ぐことになりそうだ。
微妙としたのは計8選手。
今季、横浜Fマリノスから完全移籍で加入した藤本は途中交代での出場が多く、試合の流れを変えるような決定的な仕事はここまで皆無である。
また、山形、愛媛からそれぞれレンタルバックで加入した小椋、岡崎も今季ほとんどJ1出場はなく主に23歳以下の選手がプレーするJ3を主戦場としている。
ユース時代からガンバ一筋でプレーしてきた内田も放出候補の一人とみる。今季は出場機会を得られても終盤のクローザーとしての出場に留まり、さらにボランチとしてはリオ五輪代表の井手口にかなりの差をつけられ、3、4番手あたりの序列であることは確かだ。
昨季高卒新人で加入した嫁阪も来季の居場所があるかは危うい。ユース上がりの同期入団組(林、平尾、妹尾)はJ3である程度の出場機会を得られているが、嫁坂はCB、SB、ボランチ等様々なポジションでプレーさせられており、定位置をつかんでいるとは言いにくい。
そして何と言ってもDF西野貴治である。端正なルックスと高身長で女性人気の高い西野であるが、ファビオの加入が実現した場合、レンタルで放出される可能性が非常に高くなるとみる。今季はJ1の試合にほとんど出場せず、J3を主戦場にして戦ってきたが、来季は24歳となりJ3でもOA扱いとなる。元々ユース年代から将来を嘱望されてきた逸材だけに数年のレンタルを経て26、7歳あたりでガンバのCBとして帰ってきてもらいたい。
最後は小川。J3藤枝からのレンタルバックで帰ってきた今季はU-23でコンスタントに出場機会を得ており、この中では放出の可能性が低いとみるが年齢的な面で可能性もなくはない。

来季の予想布陣(トップチーム)

これまでの補強、放出を踏まえた来季の布陣を予想してみる。
フォーメーションは今季使い続けている4-2-3-1。

GK

GKはこれまで通り守護神・東口、第2GK・藤ヶ谷の2人で決まりか。今季の東口は毎年見せてきた超ファインセーブといったようなセービングはあまり見せず、内容的にはあまり良くないが守護神としては申し分ない。藤ヶ谷もルヴァン杯で好セーブを見せ第2GKとしての存在をアピールした。

DF

CBは丹羽、金正也、岩下、そして加入が予想されるファビオの4人。岩下がけがをしている間に好パフォーマンスを見せていた金正也が序列でも岩下を上回っている現状であるがフィード能力を考えれば岩下も十分な戦力である。
SBは右に米倉、左に藤春、そして両サイドをこなせるオ・ジェソクの3人で決まりか。3人とも実力は代表レベルなだけに若手がこの競争の中に入ることはかなり難しいが、誰かが離脱すればすぐに人が足りなくなる状況ではあるので今季ユースから上がってきた初瀬や右SB平尾らにもチャンスはあるだろう。

MF

ボランチは現状、井手口、今野の組み合わせがファーストチョイス。遠藤は守備の負担を減らすために一つ前のポジションで起用されるケースが増えており、この2枚が来季も使われそうだ。さらに2列目のポジションで起用されてきた倉田も今季はボランチとしても出場しており素晴らしいプレーを見せている。
2列目は倉田、大森、そして現在負傷離脱中の阿部が長谷川サッカーを支えていると言っても過言ではない活躍を見せている。最近ではトップ下に遠藤が入りゲームをコントロールしている。交代要員としては放出候補として挙げた藤本、東京五輪世代のエース堂安らか。個人的には90分間汗かき役としてプレーできる平尾の台頭を願っているが。

FW

ガンバの攻撃をけん引するワントップ候補最右翼は完全移籍でのガンバ加入が発表されたアデミウソン。フィジカルが突出しているわけではないが体の使い方が非常にうまく裏に抜け出すシーンは今季何度も披露している。そして、加入が噂されるウェリントンポストプレーや高さを生かしたヘディングが得意で前線のターゲットとなれるか。今季チーム最多ゴールを挙げている長沢も攻守両面でチームに貢献できるストライカーであるし、ルヴァン杯決勝のPK失敗で涙をのんだ呉屋も相手DFにとっては嫌な存在になりうる。

来季の予想布陣(U-23)

GK

U-23カテゴリーにおいて唯一年齢制限のないポジションであるGKは今季と同じく田尻、林のサイクルでまわすと見る。

DF

SBは右に平尾、左に初瀬が鉄板。初瀬がアンダーの代表で不在の場合は妹尾が1列降りてきて務める形になると予想。
CBは野田、そして新加入のぺ・スンヨン。嫁阪あたりも務めているポジションであるがまだ不慣れ感は否めない。トップで出場機会を得られていない選手が務めることも多く、来季は失点数を減らしてほしい。

MF

ボランチは市丸がポジションをつかんでいるが、相棒はOAの選手が入ることが多くなっている。そんな中、来季に向けて市立船橋から高を補強。市丸とのコンビを期待したい。
2列目は最激戦区。小川、妹尾、高木、そして新加入の食野、高江の5人で争う形か。堂安もまだまだ年齢的にはU-23で戦えるが、来季こそはトップチーム定着を目指してほしいという意味で選外とした。

FW

ワントップは2列目もこなせる高木と一美の一騎打ちとなりそうだが、トップチームのワントップが激戦区のため、U-23が彼らの調整の場として利用されそうな気もする。


以上が私の主観たっぷりの来季補強・放出予想である。
ここで放出候補となっている選手たちには残りシーズンの中で好プレーを見せてくれることを期待したい。